出光社長に木藤俊一氏 月岡隆氏は会長として昭シェルとの統合推進

握手を交わす出光興産の月岡隆新会長(右)と木藤俊一新社長(左)=14日、東京都千代田区
握手を交わす出光興産の月岡隆新会長(右)と木藤俊一新社長(左)=14日、東京都千代田区【拡大】

 石油元売り2位の出光興産は14日、木藤俊一副社長(61)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。平成30年度から新たな中期経営計画が始まるのを機に、経営陣の若返りを図る。月岡隆社長(66)は代表権のある会長に就き、創業家の反対で難航する昭和シェル石油との経営統合の実現を目指す。

 月岡氏は14日の記者会見で「引き続きステークホルダー(利害関係者)の理解を得ながら、統合の実現に尽力する」と述べた。月岡氏は国内石油市場の縮小で悪化した業績の立て直しに取り組み、27年に昭和シェルとの経営統合を発表。大株主の創業家の反対で当初予定の29年4月の統合は延期したが、同5月に資本業務提携を結び調達の効率化などを進めている。

 この日も、出光の関大輔副社長が昭和シェルの社外取締役に内定するなど両社役員の相互派遣を発表。統合実現に向け「8合目まできている」(月岡氏)とし、今後も着実に実績を積み上げる考えだ。

 木藤氏は販売部門が長く、昨年からは副社長として月岡氏を支えてきた。記者会見では「(ガソリンなど)汎用品に依存した事業構造を大きく変える」と述べ、次世代ディスプレーの有機EL向け材料や潤滑油など高付加価値品に注力する考えを示した。経営統合には「成果が具体的に上がっている。進めていくべきだ」と述べた。

 経営統合をめぐっては、出光株約28%を保有するとされる創業家が社風の違いなどを理由に反対し、無期延期になっている。