「温泉と雪遊び」  遼寧省が世界に新年の招待状送る

 「温泉と雪遊び」 遼寧省が世界に新年の招待状送る

 AsiaNet 72298 (0308)

 【瀋陽(中国)2018年2月13日新華社=共同通信JBN】市場でのショッピング、試食、幸運祈願、春聯…。2月6日、ロシア、アフガニスタン、タジキスタン、ベナン、ケニアからの遼寧大学留学生で満席の長距離バスが地元のメディアとともに、撫順市、営口市へと旅に出た。満州文化から遼河の民俗風習まで、全員が中国の伝統の魅力を体験し、現地の住民らとともに伝統的な中国の戌年を迎えた。

 撫順市の古都ヘトゥアラで、外国人留学生は、ヘトゥアラの歴史物語と結びついた満州の伝統的な民俗舞踊を鑑賞して時の栄枯盛衰を味わった。営口市の赤旗祭りでは、外国人留学生は、「市場に追いつこう」という中国の伝統行事に参加し、地元の芸術家らと一緒に春節の対句や漢字の「福」の字を書き、中国の伝統的な春節の風習を体験した。

 遼寧大学のケニアからの留学生、スーザン・カリミ・ンジルさんは「ここはとても忙しい。私はどこでも幸福な人々を見かける。私は中国の新年の雰囲気を体験しただけでなく、さまざまな中国料理も味わった。私はこの特別行事に参加する機会を得てとても幸せだ」と話した。彼女は「中国の全て」のファンだと宣言した。このイベントは彼女の中国文化についての理解を向上させた。

 遼寧省は既に「温泉と雪遊び―大新年には遼寧省にお越しを」をテーマにしたイベントを3年連続で開催し、イベントに関連した一連の特産品やルートを創出、開発して、当地の民俗風習に対する多くの人々の関心を引き、評価を得た。冬の観光のブランド効果が既に表れ始めている。

 遼寧省観光委員会副部長のワン・シャオジャン氏は「遼寧省には豊富な冬の観光資源がある。遼寧省は省独自の中国の伝統的な民俗文化を持っている。われわれはここで、遼寧省に来て中国の新年を過ごしてもらうために世界中から観光客を招き入れる」と述べた。

 ソース:Liaoning Provincial Tourism Commission

 画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=306844