【遊技産業NOW】人気タイトル最新作パチスロ「ニューシオサイ-30」

沖縄仕様パチスロの王道、シオサイシリーズ最新作がデビュー
沖縄仕様パチスロの王道、シオサイシリーズ最新作がデビュー【拡大】

 パイオニア(大阪府東大阪市)は1月17日、東京都台東区の東京営業所ショールームでパチスロ新機種「ニューシオサイ-30」の内覧会を開催した。同機は、1997年にリリースされた沖縄仕様(遊技の際に30パイサイズのメダルを用いるパチスロ機)の名機「シオサイ-30」の流れをくむシリーズ最新作。おなじみのゲーム性や演出に加えて、新たな魅力をふんだんに盛り込んだ。

 スペックは、ボーナス合成確率(設定1~設定6=177.6分の1~138.3分の1)、最大304枚獲得可能なビッグボーナスと、106枚獲得可能なレギュラーボーナスを搭載。リール窓上左右のハイビスカスがレバーONと同時に点滅すればボーナスが確定する。また、ビッグボーナス終了後には30ゲームのRT(リプレイタイム)「シオサイゲーム」が付いてくる。RT中はハイビスカスランプが常に点灯しており、消灯するとボーナス確定となる。「レジェンドパネル」と「アニバーサリーパネル」の2種類のパネルを用意。パチンコホールへの導入は3月上旬を予定。