クボタ、17年12月期売上高が過去最高

 クボタが14日発表した2017年12月期連結決算は、売上高が前期比9.7%増の1兆7515億円、最終利益は3.0%増の1364億円だった。欧州や中国を中心に建設機械やエンジンの販売が好調で、売上高は過去最高となった。

 北米で小型トラクターなどが伸びたことや、為替相場が円安基調で推移したことも寄与した。大阪市で記者会見した木股昌俊社長は「海外で住宅工事需要が拡大しており、建設機械は引き続き伸びる」と強調した。