大阪IRへ「日本人の雇用進める」 米カジノ大手、ラスベガスサンズ幹部インタビュー

米国のカジノIR業者ラスベガス・サンズのジョージ・タナシェヴィッチ氏=17日午後、大阪市北区の関西電力(宮沢宗士郎撮影)
米国のカジノIR業者ラスベガス・サンズのジョージ・タナシェヴィッチ氏=17日午後、大阪市北区の関西電力(宮沢宗士郎撮影)【拡大】

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)運営大手、米ラスベガス・サンズのジョージ・タナシェビッチ・グローバル開発マネージング・ディレクターが17日、大阪市内で産経新聞のインタビューに応じ、大阪湾の人工島、夢洲(ゆめしま)(同市此花区)でのIR開発構想への参画に備え、日本人の雇用を積極的に行う考えを明らかにした。

 同社では現在、ディーラーなど日本人90人が働いており「現在のニーズ、(日本に進出する場合の)将来のニーズに対応するため、機会があれば日本人を積極的に雇いたい」と述べた。

 また、同社はシンガポールで、ビル3棟の上に船が浮かぶデザインで知られる「マリーナベイ・サンズ」を運営するなど、アジアに注力しているが、展開する各地のIR施設が連携し、複数訪れれば、ポイント付与で特典が受けられるサービスなどを検討している。

 政府は15日、IR内のカジノに関し、1施設あたりの面積の上限を1万5千平方メートルとする規制案を与党に示した。これについてタナシェビッチ氏は17日、同市内で開催されたセミナーで、IRの経済効果を抑制するとの見方を示した。

 大阪府市は平成31年度までにIRの開発事業者を選定する計画。