【Luxeな日本 ~地元発】着付け体験で上質な日本の思い出を 宮坂珠理

着物を着て近所の神社へ。カメラマンを派遣して撮影もできる
着物を着て近所の神社へ。カメラマンを派遣して撮影もできる【拡大】

 訪ねたのは東京・白金の閑静な住宅街。その一角にある「KIMON和MOTENASHI(きものおもてなし)」では、昨年から訪日外国人向けに着物の着付け体験を行っている。

 オーナーである高橋利恵さんの自宅を開放したサロンは、ホテルを思わせるラグジュアリーな空間。体験者は、代々受け継がれてきた300枚以上の上質な着物から1着選べる。人間国宝の作品の帯などもあり、「本物で上質な」着物に触れることができるのが特徴だ。

 この日、着付け体験をしたのは米国と英国からの観光客。実際に花嫁衣装として使用されていた振り袖をまとうと、絹のずっしりとした重さと想像以上に快適な着心地に驚いていた。

 欧米からの訪日客をアテンドする「EXO Travel」によると、近年こうした着物体験を希望する客が増えており、すぐに予約で埋まるという。特に富裕層向けの旅行パッケージでは、観光地での簡易的な着物体験よりも、こうした個人サロンで質のいい着物を着てみたいと希望する客が多いのだとか。

 きれいに着付けてもらった後は、本格的な茶道体験やオーナー手作りの日本の家庭料理を味わえる。ワンランク上の日本のおもてなし。日本のよき思い出づくりになったようだ。

                   ◇

 【luxe(リュクス)】

 フランス語で元の意味は「贅沢」。最近は優雅で上品でありながら、洗練された贅沢なもの・ことなどの意味で使われる。

                   ◇

【プロフィル】宮坂珠理

 みやさか・しゅり 東北放送出身。生涯現役肌を目指すスキンケアブランド「koiina」代表。イベント司会や番組MCなどのほか美容家としても活動中。

                   ◇

 局アナnetは日本最大級の局アナ経験者ネットワーク。運営するLocal Topics Japanでは全国各地の観光情報を日本語、英語と動画で紹介しています。コラム関連動画もご覧になれます。