【トップは語る】Origami スマホで今年はキャッシュレス元年 (1/2ページ)


【拡大】

 □Origami社長・康井義貴さん(32)

 --決済サービスを手掛けている

 「スマートフォンの2次元バーコード『QRコード』を活用した決済サービス『Origami(オリガミ)ペイ』を2016年から提供している。日本ではわれわれが最初だ。27年までにキャッシュレス決済を4割とする国の目標などが追い風となり、加盟店は約2万店だ」

 --キャッシュレス決済のメリットとは

 「現金は管理コストが非常に高い。お札を刷ったり、ATM(現金自動預払機)を設置したり、小売店なら両替やレジの閉め作業のための人件費、強盗を想定した保険のコストまでかかる。今年は複数社がこの市場に参入すると聞いており、キャッシュレス元年になるだろう」

 --QR決済で顧客と接点が生まれる

 「現金やクレジットカード決済の場合、小売店はチラシを送るくらいしか接点がなく、効果も測定できなかった。QR決済ならアプリを通じてクーポンやセール情報を送ることでき、決済した瞬間からつながりができる」

 --大垣共立銀行と提携し、決済額が銀行口座から直接引き落とされる仕組みも導入した

 「パートナー側にオリガミの加盟店を増やすチームをつくっていただいている。全ての銀行と提携できるよう、話をしているところだ」

中国のアリペイと提携