米誌調査で現代自の「ジェネシス」が首位 ブランド評価で独勢を抑える

現代自動車の「ジェネシスG70セダン」(ブルームバーグ)
現代自動車の「ジェネシスG70セダン」(ブルームバーグ)【拡大】

 米消費者団体専門誌コンシューマー・リポーツが22日発表した2018年の米乗用車ブランド番付で、現代自動車の高級車ブランド「ジェネシス」が、ドイツの競合各社を抑えて首位に立った。

 昨年首位だったフォルクスワーゲン(VW)の高級車ブランド「アウディ」は2位に転落。BMWとトヨタ自動車の「レクサス」、VW傘下の「ポルシェ」がそれに続いた。同じく韓国勢の起亜自動車は6位と、スバルやテスラ、ホンダ、トヨタを上回る順位。

 同誌の自動車試験ディレクター、ジェーク・フィッシャー氏は「ジェネシスの勝利はまず信頼性と燃費、次いでパフォーマンスと高級車機能の分野における韓国自動車メーカーの長年にわたる着実な改善を反映している」と指摘した。

 JDパワーの1994年の品質調査で現代自は最下位だったが、現代自と傘下の起亜は、もはや安くて実用的な都市型乗用車のメーカーとは見なされていない。今ではともにJDパワーによる自動車の年間信頼性調査でも最高評価の一角を占めている。(ブルームバーグ Gabrielle Coppola)