エンジンで発電する「セレナ」 日産、ファミリー層開拓

日産自動車の「セレナeパワー」を紹介する星野朝子専務執行役員=28日、横浜市西区(臼井慎太郎撮影)
日産自動車の「セレナeパワー」を紹介する星野朝子専務執行役員=28日、横浜市西区(臼井慎太郎撮影)【拡大】

 日産自動車は28日、主力のミニバン「セレナ」にハイブリッド車(HV)の新型モデル「セレナ eパワー」を追加し、3月1日に発売すると発表した。日産のHVはガソリンエンジンを発電だけに使い、その電気を使ってモーター駆動で走るのが特徴。日産のHVは小型車「ノート」に続く2車種目で、今後も採用車種を拡大する方針だ。

 「セレナ eパワー」はガソリン1リットルあたり26.2キロの低燃費を実現。エンジンはバッテリーの残量が少ないときや坂道を上る際などに動かして発電する。住宅街などを静かに走れるモードなど新機能も採用。希望小売価格は296万8920円から。

 セレナは高速道路の同一車線を自動走行できる「プロパイロット」機能を搭載した最初の車種として家族連れを中心に人気を集め、平成29年は月約7千台のペースで販売。HVモデル追加を弾みに約8千台に引き上げ、このうち4割程度をHVにする計画。

 日産の星野朝子専務執行役員は横浜市内で開いた発表会で「セレナ eパワーを体験した顧客を電気自動車(EV)に誘導したい」と述べ、EV普及の起爆剤にしたい考えも示した。