三菱自、4年ぶりに新型SUV投入 「エクリプスクロス」

三菱自の新型SUV「エクリプスクロス」=1日、東京都港区(臼井慎太郎撮影)
三菱自の新型SUV「エクリプスクロス」=1日、東京都港区(臼井慎太郎撮影)【拡大】

 三菱自動車は1日、新型のスポーツ用多目的車(SUV)「エクリプスクロス」を発売したと発表した。新型車の国内投入は4年ぶり。平成28年に燃費不正問題が発覚した三菱自は、日産自動車との資本・業務提携などを経て成長の基盤づくりを進めている。得意とするSUVを原動力にブランドの再構築も急ぐ構えだ。

 新型は排気量1.5リットルの高効率エンジンを搭載し、「スタイリッシュなクーペと機動力が高いSUVの長所を融合した」(開発担当者)。月販の目標は1千台。希望小売価格は253万2600円から。