JR西は840人採用 31年度、約10人増

 JR西日本は1日、新卒と既卒、契約社員を合わせた平成31年度入社の採用を、30年度計画より約10人多い約840人とする計画を発表した。ほぼ例年並みの採用数を維持し、今後の北陸新幹線の延伸などに向けた人材を確保する。

 新卒採用は約570人で、内訳は「総合職採用」が約130人、乗務員や技術系などの「プロフェッショナル採用」は約440人。契約社員や既卒の採用は約270人を見込む。