鉄鋼・アルミ輸入制限、米高官「一部は適用除外」に言及 

 【ワシントン=塩原永久】ナバロ米通商製造政策局長は4日のCNNテレビで、トランプ大統領が示した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限方針に「一部取引については適用除外がある」と述べ、経済活動を継続する上で必要があれば、取引単位で輸入制限から外す可能性があると指摘した。

 ナバロ氏は、トランプ氏が輸入制限措置を今週末にも正式決定するとの見通しを示した。

 焦点となっている適用対象については、「一部の適用除外と国ごとの除外は異なる」と指摘した上で、「現時点で国ごとの除外はない」と述べ、全ての国が輸入制限の対象になると明言した。一方で、取引ごとに適用除外となるケースがあるとも話した。

 ロス商務長官も4日、別のテレビ番組で「現段階で大統領は(特定国などの)除外について言及していない」と述べていた。