コーヒー第3波…米ブルーボトルコーヒー関西初出店 京都・南禅寺エリアに…大丸松坂屋が出店協力

 米西海岸発祥で「サードウエーブ(第3の波)コーヒー」の代表格で知られる米ブルーボトルコーヒーのカフェが23日、京都市左京区の南禅寺近くにある築100年を超える旅館を改装し、関西に初出店する。

 同社は2002年に米カリフォルニア州で創業し、日米7都市でカフェ50店を運営。日本では現在、東京23区内に7店がある。

 関西初出店の「京都カフェ」の店舗面積約453平方メートルは国内最大になる見通し。座席数は44席。J・フロントリテイリンググループの大丸松坂屋百貨店(東京)が進める新規事業「京都・町家プロジェクト」の一環で実現したという。