「スニーカー通勤」浸透するか 18日まで強化週間 小売り各社は品ぞろえ拡充 (1/2ページ)

歩きやすい仕事着を推奨する「FUN+WALK」週間の開始に合わせ、スニーカー通勤をアピールする鈴木大地スポーツ庁長官(左)=5日、東京都渋谷区の高島屋新宿店、右は同店の竹下真副店長
歩きやすい仕事着を推奨する「FUN+WALK」週間の開始に合わせ、スニーカー通勤をアピールする鈴木大地スポーツ庁長官(左)=5日、東京都渋谷区の高島屋新宿店、右は同店の竹下真副店長【拡大】

  • 歩きやすい仕事着を推奨する「FUN+WALK」週間の開始に合わせ、スニーカー通勤をアピールする鈴木大地スポーツ庁長官(左)=2018年3月5日、東京都渋谷区の高島屋新宿店、右は同店の竹下真副店長

 かつての「クールビズ」のような新しい商機につながるか-。働く人たちの運動不足解消へ向け、スポーツ庁が提唱する「FUN+WALK(ファンプラスウオーク)」の強化週間が5日、18日までの日程で始まった。小売り各社は、歩きやすいスニーカーや伸縮性に富んだスーツなどの品ぞろえを広げて売り込みを図る。

 同庁の鈴木大地長官は5日、高島屋新宿店(東京都渋谷区)を訪れ「健康増進だけでなく、ファッションの観点からの広がりも期待したい」と呼びかけた。

 国は成人の週1回以上のスポーツ実施率65%を目標に掲げるが、昨年の調査では約43%止まり。働き盛りの20~40代の取り組みを促すため、歩きやすい服装での通勤を提唱している。

 賛同する高島屋は、しわが付きにくい生地のスーツや、ウオーキングに適したリュックサックなどの品ぞろえを拡大。新宿店の紳士用品売り場では、スニーカーの商品数を昨年比6倍の300点に充実させた。竹下真副店長は「健康志向の強い欧州などでは、スーツとスニーカーを合わせるファッションが定着している」と、日本への波及を予想する。