朝日酒造、25年ぶりの「久保田」通年商品 新潟

「久保田純米大吟醸」
「久保田純米大吟醸」【拡大】

 日本酒の蔵元、朝日酒造(新潟県長岡市朝日)は昨年6、10月に限定発売した「久保田 純米大吟醸」を通年商品として4月11日に全国で発売する。創業時の屋号を冠した看板ブランド「久保田」の通年商品は平成5年の「久保田 紅寿」の発売以来、25年ぶり。

 メロンのような香りに加え、甘味と酸味が調和した上質な味わいと「キレの良さ」を併せ持つ商品に仕上げたという。昨年の限定発売では、久保田を初めて飲む30~40代にも好評だったことから通年商品化を決めた。アルコール度数は15度。希望小売価格は税別で1・8リットル入りが3400円、720ミリリットル入りが1570円。