旅行は日帰り、居眠り事故…兼業ライターが建設現場の惨状“告発” 「週休2日」など夢物語だ (1/6ページ)

 インターネット通販の「送料無料」の裏に宅配便ドライバーの苛酷な労働があることが近ごろにわかに注目の的となり、業界最大手のヤマト運輸が運賃値上げを荷主に求めるなど、構造的に立場の弱い運輸業の側から待遇改善の声が挙がるようになってきた。土日も祝日もなく朝から晩まで働きづめという印象の強い運輸業だが、そうしたネガティブイメージで「三家」に連なるのがサービス産業と建設業だ。

 厚生労働省の就業条件調査を見ても、完全週休2日を確保している企業は全産業では72.9%であるのに対して、運輸業では30.7%、宿泊・飲食サービス業が30.9%、建設業が36.5%と、まさしくワースト3となっている(2017年調査統計より。パートタイムを除く全常用雇用者が対象)。

現場で作業中の建設作業員

現場で作業中の建設作業員

 人手不足が深刻で、働き方改革が叫ばれるいま、まともに休めない状況を放置したままでは若者の就職先選びで敬遠され、産業としての将来性に赤信号が灯りかねない。

 そうした状況を受けて日建連(日本建設業連合会)が東京五輪後の2022年3月期までに施工現場を週休2日制に移行する方針を固めているし、「週休2日制確保モデル工事」が国土交通省の各地方整備局のもとで進められてもいる。

◆警備員バイトの筆者が知る重い「現実」

 筆者は日給月給の警備員アルバイトもしている兼業ライターだ。白い鉄板で囲われた建設現場でダンプや生コン車の誘導をする日もある。現場を知る人間として言わせてもらえば、建設業で完全週休2日なんて北欧の福祉制度なみに遠い世界のこととしか思えない。

下請作業員の労賃はモノ扱い?