神鋼社長、副社長辞任 データ改竄問題で引責、信頼回復へ経営陣刷新 後継社長は近日決定

神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長
神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長【拡大】

 神戸製鋼所は6日、一連の製品のデータ改竄問題の責任をとって、川崎博也会長兼社長(63)が4月1日付で辞任する人事を発表した。川崎氏は取締役に就き、6月下旬の株主総会で取締役も退く。後継社長は近日開催する取締役会で決定する。経営陣を刷新して品質不正からの信頼回復に取り組む。

 不正が見つかったアルミ・銅事業担当の金子明副社長(63)も4月1日付で取締役に就き、6月下旬の株主総会で取締役も退く。また、ガバナンス立て直しのため、取締役の体制を見直す。会長職を廃止し、取締役会の監視機能を強めるため、社外取締役の中から取締役会議長を選任する。