デニーズがメニュー改定 市場変化に対応、「ちょい飲み」需要でアルコールの品ぞろえも

デニーズ公式サイトより
デニーズ公式サイトより【拡大】

 セブン&アイ・フードシステムズ(東京)のファミリーレストラン「デニーズ」は13日から約130のメニューの半数以上を改定する。高齢者や1人で訪れる客の増加といったファミリーレストラン業態が直面する市場の変化に対応する。

 1人客がいろいろな食事を楽しめるようなメニューを取りそろえるほか、軽く飲酒できる「ちょい飲み」需要に対応して、アルコールの品ぞろえも充実させる。

 健康志向の高まりを受け、ボリューム感があるサラダを提供するほか、主力のハンバーグでは牛肉100%の商品を増やす。