生鮮食品を予約、ローソンで購入 アプリ使い一部地域で

 コンビニエンスストア大手のローソンは6日、生鮮食品をスマートフォンアプリで注文し店頭で購入するサービス「ローソン フレッシュ ピック」を東京都や神奈川県の一部地域(約200店舗)で始めた。

 ローソンの持つ既存の物流網を活用し、午前8時までにスマートフォンの専用アプリから商品を予約すると当日の午後6時以降に店舗で購入することができる。1回当たり1000円以上の購入が条件で、取扱商品は子会社の成城石井などのスーパーや専門店の生鮮食品約500種類。

 同社の竹増貞信社長は「配達という方法では宅配時間に縛られてしまい、再配達のコストもある。店頭購入であれば好きな時間に指定のローソンで商品が購入でき、効率的だ」と述べた。

 ネットスーパーをめぐっては西友と楽天が提携を発表、イオンとソフトバンクなどが提携を検討している。