謎呼ぶ突然の社長交代 老舗出版社ベストセラーズが身売り 一族経営で業績悪化か (1/3ページ)

 老舗出版社のベストセラーズ(東京都豊島区)が注目を集めている。1月31日付で、オーナー社長の栗原武夫氏の辞任と同時に、取締役7名が辞任した。新社長に就任したのは経営コンサルタントで公認会計士の塚原浩和氏で、栗原前社長らオーナー家が持つベストセラーズの株式は新社長側へ売却された。(東京商工リサーチ特別レポート)

◆細木数子氏「六星占術シリーズ」などヒット作も

 社長と同時に税理士1名も役員に就任し、役員2名体制での経営がスタートして1カ月が経過した。

超ロングセラーの細木数子氏「六星占術」シリーズ

超ロングセラーの細木数子氏「六星占術」シリーズ

 KKベストセラーズで知られる同社は1967年の創業。元プロ野球選手の江本孟紀氏の「プロ野球を10倍楽しく見る方法」(1982年)やワニ文庫、最近では細木数子氏の「六星占術シリーズ」、「本当は恐ろしいグリム童話」、サッカー日本代表の長友佑都氏の「体幹トレーニング20」などジャンルにとらわれないヒット作を生んだ。

 100名以上の従業員を抱え、総合出版社として知名度も高い。

 だが、最近は東京商工リサーチ(TSR)の調査取材に業績を開示しない状況だった。1999年10月期は約135億円だった売上高も、出版不況の影響で最近は100億円を割り込んでいたようだ。

 ただ、豊島区の本社不動産は現在も無担保で温存され、同社の信用背景になってきた。

労働組合は「青天の霹靂」と反発