日生、独資産運用会社に出資

 日本生命保険が欧州金融大手ドイツ銀行から分離して設立される資産運用会社に出資する方針を固めたことが7日、分かった。出資額は数百億円で株式の数%を取得するとみられる。

 世界展開する資産運用会社に資本参加し、ノウハウを取り入れることで、運用の高度化につなげるのが狙い。近くドイツ銀行が実施する株式の売り出しに応じる。

 日本生命は海外事業の強化に力を入れており、昨年12月には米資産運用大手TCWに約550億円で約25%出資すると発表した。