スリランカ初のLNG基地 三菱商事と双日、輸入・発電一貫計画 (1/2ページ)

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 三菱商事と双日が、スリランカ政府と共同で同国初となる液化天然ガス(LNG)輸入基地の建設・運営事業に乗り出すことが8日、分かった。両社は、スリランカの国営セイロン電力庁とガス火力発電所の建設計画で大筋合意しており、燃料輸入から発電までを一貫して手掛ける「ガスツーパワー」事業を展開し、経済発展に伴う電力需要の拡大を収益成長につなげる狙いだ。

 LNG輸入基地は、最大都市コロンボの港の南に「FSRU」と呼ばれる、船を使った浮体式貯蔵・再ガス化施設を2020年に建設する計画。処理能力は年産260万トン程度で総事業費は約3億ドル(約318億円)とみられる。

 三菱商事と双日は、スリランカ政府とインドのLNG輸入大手のペトロネットLNGと共同で基地建設の特別目的会社(SPC)を設立する方向で最終調整しており、SPCにはペトロネットが47.5%、三菱商事と双日が計37.5%、残りの15%をスリランカ政府が出資する見込み。

 また、スリランカ政府と三菱商事・双日連合は約30万キロワットのガス発電所(西海岸のケラワラピティア)の建設も進める計画で港からパイプラインでガスを送り、ガス発電所運営までを一体的に手掛ける。

海上交通路の要衝