ロボットが定型業務を代行 トッパン・フォームズが新事業

 情報ソリューションのトッパン・フォームズとグループ会社でシステム運用サービスを展開するトッパン・フォームズ・オペレーション(TFO、東京都港区)は、4月からパソコン上で行う定型業務を人の代わりにロボットが行う、RPA(Robotic Process Automation=ロボットによる業務自動化)事業に参入する。

 TFOは、主力事業の一つであるシステム運用管理サービスのメニューに新たにRPAを加える。RPA導入の主流となっている事務部門だけでなく、システム部門の社員の生産性向上にも貢献するという。

 政府主導による働き方改革の推進とIT人材の不足により、各企業では社員の生産性向上が急務となっている。RPAは導入後に、短期間で大きな生産性向上の効果が得られることから、金融業界などさまざまな企業での導入が進んでいる。