映像ソリューションのクロスコ、ワーク・ライフ・バランス成果発表 社員の子育て・仕事の両立を支援

 映像・動画によるビジネスソリューションを提供するクロスコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:掛田 憲吾、以下 当社)は、当社が推進するワーク・ライフ・バランスの取り組みについて2018年3月期までの成果をお知らせいたします。

 当社では2004年以降、育児休業規定を導入し、育児短時間勤務等の子育てと仕事を両立する支援制度の利用を推進しています。また、取得予定者や復帰者向け相談窓口を設置して意見のヒアリングを行うとともに、復帰者が自身の事例を踏まえて制度の改善や見直しに取り組む体制も整えるなど、継続して同制度は利用されています。

 【2018年3月期までの成果】
本年度の成果としては、*育児短時間勤務制度 *在宅勤務制度 *育児休暇制度 *出産後の復帰プログラム等の利用があり、特徴的な事例としては、第一子出産後の職場復帰と第二子出産時の休職後再度の職場復帰・時短制度で育児と職務を両立させているケース、男性社員の育児休暇や、配偶者の出産時在宅勤務・フレックスタイムの利用による保育園への送り迎えなどを行っている例などがありました。

 【港区での認定に関して】
2017年11月17日(金)、平成29年度港区ワーク・ライフ・バランス推進企業認定証交付式が開催され、2014年より当社が取得している同認定の更新が決定。港区長より、当社代表 掛田 憲吾が認定証の交付を受けました。(認定期間:平成29年10月1日~平成32年9月30日)

 「港区ワーク・ライフ・バランス推進企業」は、仕事と家庭の両立支援や、男女がともに働きやすい職場を実現するためにワーク・ライフ・バランス(WLB)に取り組んでいる中小企業が認定されるものです。当社の認定分野は、「子育て支援」「介護支援」「働きやすい職場環境づくり」の三分野にあたります。

 様々な働き方が出てくる中、当社では社会で長く活躍できる人材を育てたいと考えており、今後も職場環境の改善やスキルアップなど「働く」ことへの支援施策に取り組んでまいります。

 ■参考:『「港区ワーク・ライフ・バランス推進企業認定事業」』
https://www.city.minato.tokyo.jp/jinken/kurashi/hewa/danjo/28work-lifebalancenintei.html

 【クロスコ株式会社】
クロスコ株式会社は「Visual Marketing」をビジョンとして、ビジュアルの新たな役割と用い方を、理論的なノウハウと感性に訴える表現で実現し、人々を視覚的に刺激、魅了するプロモーションを立案・実施します。さらに結果を分析することで次への最良なストラテジーを創造し、お客様の「ビデオコミュニケーションパートナー」としてビジュアルを軸とした「成功」するコミュニケーションを提供いたします。

 <会社概要>
商号 : クロスコ株式会社
代表者: 代表取締役社長 掛田 憲吾
所在地: 〒105-0014 東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル6F
設立 : 1984年11月
資本金: 1億円
URL : http://www.crossco.co.jp/