アシックス商事、駅ホームに靴選びのカフェ ビジネスマン来店促す

 アシックス商事(神戸市須磨区)は、JR渋谷駅のホーム上に、男性用ビジネスシューズを試着・購入できるカフェを6月末までの期間限定でオープンした。新宿駅方面に向かう外回りのホーム上に、黒と赤を基調とした落ち着いた内装で、ビジネスマンの来店を促す。

 広さは約52平方メートルで、ビジネスシューズ28アイテムを展示し、気軽に立ち寄れるよう自由にくつろげるソファとカフェコーナーを設けた。午前10時から午後8時まで営業する。

 取扱商品は、日本の職人が手作業で仕上げた「ジャパンメイド」シリーズ(1万6200円)のほか、スポーティーでスーツにも融合する「ハイブリッドドレス」(8640円)など。

 目玉商品は、タレントの近藤真彦さんが監督を務めるレーシングチームが監修した「アブソリュートバリューズ」シリーズ(1万800円)。靴底はレーシングカーのタイヤを参考にしたデザインを採用し、着地から蹴り出しまで安定した足運びをサポートする。体を包み込むことで固定機能を高めたバケットシートを参考にしたインナーソールは、かかと、土踏まずといった足形に合わせて足元を安定させる。

 紳士・スポーツプロダクトマーケティング部の根本康史課長は「足元を守りつつ、快適な移動を提供する」と機能性をアピールしている。