スポーツとメディアに関する勉強会「スポーツ界のセクシュアルハラスメントについて」3月28日、駿河台キャンパスで開催

 明治大学政治経済学部高峰修教授らは、3月28日に駿河台キャンパスでスポーツとメディアに関する勉強会「スポーツ界のセクシュアルハラスメントについて」を開催いたします。
2017年10月頃より、アメリカ合衆国を中心として#MeTooムーブメントが生じました。その流れの中で合衆国体操界におけるスポーツドクターによる大規模かつ深刻な性暴力の被害が表面化し、スウェーデンでも陸上競技の欧州選手権金メダリストがレイプ被害を告白するなど大きなうねりが生じています。しかし平昌オリンピックが閉幕した現在、日本ではこうした一連の出来事はすでに過去のものになりつつあり、そこから何かを感じ、学び取ることもなく通り過ぎようとしています。
2年後に東京2020を開催する私たちは、日本のスポーツ界で今後、同類の事件が生じないよう、スポーツ界におけるセクシュアルハラスメントの問題について今一度考えなければならないと感じています。そこで、過去10年以上にわたってスポーツ環境におけるセクシュアルハラスメントの問題について調査研究を進めてきた研究者から各種メディアの方々に調査の結果等をフィードバックし、情報を共有するための勉強会を開催いたします。国内事例に見られるパターン、指導者や競技者のセクシュアルハラスメントに対する認識や経験、国内外のスポーツ統括団体による取組みの現状などについての調査結果をご紹介いたします。

 ■ スポーツとメディアに関する勉強会「スポーツ界のセクシュアルハラスメントについて」
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/151964/table_151964_1.jpg