お茶の産業・文化・学術の集積・発信のための本格的なお茶博物館

 平成30年3月14日(水)

 静岡県東京事務所

 『ふじのくに茶の都ミュージアム』が3月24日にオープン!

 全国に誇るお茶の生産地を抱える静岡県が、お茶の産業・文化・学術を集積・発信するため、日本一に大茶園牧之原台地に「ふじのくに茶の都ミュージアム」をオープンします。
同ミュージアムは、熊倉功夫氏(静岡文化芸術大学名誉教授)が全体をプロデュースし、お茶の産業・歴史・文化の紹介や、茶摘み体験などの五感を使った講座なども開催するほか、国内外の茶業関係者、お茶愛好家を対象とした研修会を開催するなど、情報の集積、発信を行う場として皆様のお役に立つことが期待されています。
つきましては、同ミュージアムのオープンを記念し、下記のとおり内覧会及び開館式典を開催しますので、お忙しいところ恐縮ですが、取材いただきますようお願いします。

 1 日 時 【内覧会】平成30年3月20日(火)11:30~14:00(11:00開場)
 【開館式典】平成30年3月23日(金)10:40~11:30(10:10開場)

2 場 所 ふじのくに茶の都ミュージアム
 (静岡県島田市金谷富士見町3053-2)

 3 内 容
 【内覧会】 11:30~オリエンテーション
 12:00~館内見学
 13:00~撮影時間(1時間)
 *内覧会は、招待者・報道機関のみ参加可能となります。

 【開館式典】10:40~アトラクション(和太鼓演奏)
 10:50~アトラクション(豆茶の踊り)
 11:00~開式~知事及び来賓等挨拶~
 11:16~館長挨拶
 11:21~テープカット
 11:35~閉式

4 主    催  静岡県