美白スキンケアシリーズ「アスタリフト ホワイト」、ベースメイクシリーズ 新ラインアップ「アスタリフト BB クリーム」2018年春 新TVCM放映のご案内

【アスタリフト ホワイト 「澄みきる美。輝く美。」篇】
【アスタリフト ホワイト 「澄みきる美。輝く美。」篇】【拡大】

  • 【アスタリフト 「つけ心地革命・BB」篇】

 富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、シミや肌のくすみ(*1)などの肌悩みを持つ女性に向けた美白(*2)スキンケアシリーズ「ASTALIFT WHITE(アスタリフト ホワイト)」と、エイジングケア(*3)を目的とした「ASTALIFT(アスタリフト)」のベースメイクシリーズの新たなラインアップに加わった「アスタリフト BB クリーム」のTVCMを、3月17日(土)から全国で放映いたします。アスタリフト ホワイト「澄みきる美。輝く美。」篇と、アスタリフト 「つけ心地革命・BB」篇の2篇を展開いたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/152102/img_152102_1.jpg
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/152102/img_152102_2.jpg

 ◆詳細はWebページをご覧下さい。
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1269.html?link=atp

 美白スキンケアシリーズ「アスタリフト ホワイト」の美白クリーム「アスタリフト ホワイト クリーム」をリニューアルし、2018年3月1日より発売いたしました。本製品は、美白有効成分「アルブチン」に加え、独自の美容成分(*4)「ナノAMA(ナノエーエムエー)」(*5)と、米ぬか由来のポリフェノール「フェルラ酸」(*6)を組み合わせた複合成分「ナノAMA+(ナノエーエムエープラス)」を新配合し、美容効果をさらに強化しました(*7)。また、優れた美容パワーを持つ「メマツヨイグサ種子エキス」(*8)も新たに配合。うるおいのヴェールで肌を包み、透明感と輝きに満ちた肌へと導きます。

 また、新製品の「アスタリフト BB クリーム」は、クリーム内に水性成分を豊富に含ませる処方にしたことで、塗り伸ばす瞬間に、美容成分が溢れ出すような新感覚のみずみずしいつけ心地を実現しました。アスタリフトシリーズの共通成分「ナノアスタキサンチン」(*9)などの美容成分(*4)が、ハリとうるおいを与え、透明感(*10)とツヤのある肌へと仕上げます。また、独自の紫外線防御剤「D-UVガード」(*11)の配合により、紫外線最長波領域(波長370~400nm)である「Deep紫外線」までしっかりカット(*12)するなど、複数の機能を兼ね備えています。
今回のTVCMでは、ブランドミューズとして、松田聖子さんと高畑充希さんが引き続き登場。お二人の透明感のある素肌や、美しい所作にご注目ください。

 *1 乾燥によって肌の印象が暗く見えること。
*2 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと。美白有効成分としてアルブチンを配合。
*3 年齢に応じた化粧品などによるケアのこと。
*4 独自技術でナノ分散した成分。
*5 ナノAMAは、セリ科のハーブ植物「センテラアジアチカ」に含まれ、優れたうるおい効果を持つ3つの成分「アジア酸」、「マデカッソ酸」、「アジアチコシド」を含む複合成分(うるおい成分、ツボクサエキス)。ナノAMA+は、ナノAMAと、フェルラ酸(うるおい成分)からなる独自複合成分。
*6 うるおい成分。米や小麦などの穀物に多く含まれ、優れた保湿力を有するポリフェノールの一種。
*7 当社従来品との比較。
*8 メマツヨイグサ抽出液(うるおい成分)。
*9 ヘマトコッカスプルビアリス油(うるおい成分)。
*10 メイクアップ効果による。
*11 酸化チタン、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(紫外線防御剤)。有機化合物である「紫外線吸収剤」と微粒子無機粉体である「紫外線散乱剤」の異なる機能を持った紫外線防御剤を機能的に結合させたもの。
*12 Deep紫外線カットとは、角層上で肌内部への紫外線到達を防ぐこと。

 富士フイルムの化粧品・サプリメント販売サイト「ビューティー&ヘルスケアショップ」
http://shop-healthcare.fujifilm.jp/?link=atp
富士フイルムニュースリリース一覧
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp
富士フイルム株式会社
http://fujifilm.jp/?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。