VW、中韓と2.6兆円契約 EVバッテリー調達 対テスラ攻勢 (1/2ページ)

 ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のミュラー最高経営責任者(CEO)は13日、ベルリンで記者会見し、電気自動車(EV)の主要部品であるバッテリー(蓄電池)について、韓国、中国の大手企業と200億ユーロ(約2兆6000億円)規模の調達契約を交わしたことを明らかにした。今後数年でEVに積極参入する基盤を固め、主力セダン「モデル3」の生産問題を抱える米テスラへの攻勢を強める。

 VWは韓国のサムスンSDIやLG化学、中国の寧徳時代新能源科技などと欧州と中国でのバッテリー調達に合意しており、北米での調達先も近々決まるという。EV推進の一環として、全体で約500億ユーロのバッテリーを購入する計画という。

 2025年までに年300万台のEV生産を目指すVWは、年内に新たに3モデルを投入し、その後数十モデルを追加する予定だ。生産拠点も現在の3カ所から22年末までには16カ所とする。

 ミュラーCEOは、来年からは、実質的に毎月、新モデルを発表し、世界最大規模でEVを提供していくと強調した。

電源システムの供給問題解消には程遠い