「エアポッド」人気のアップル、ボーズとも競合 高性能ヘッドホンを年内にも発売

 ワイヤレスイヤホン「エアポッド」が予想外の人気を博している米電子機器大手アップルが、高性能ヘッドホン市場への進出を計画していることが、関係者の話で分かった。

 それによると、同社はノイズキャンセリング機能搭載のヘッドホン開発に取り組んでおり、現在この業界をリードしている「ボーズ」や「ビーツ・バイ・ドクター・ドレー」と競合する製品になる見通しだ。早ければ年末の発売を計画しているが、開発面での問題で発売が遅れる可能性もあるという。

 アップルの高性能ヘッドホン開発への取り組みは過去1年間断続的に行われてきた。関係者らによれば、同社はスマートスピーカー「ホームポッド」の開発と同様に、ヘッドホン開発中に複数回にわたる設計変更などの問題に直面。発売前の設計再変更や、このプロジェクト自体を打ち切りにする可能性もあるという。

 アップルの広報担当はコメントを拒否した。(ブルームバーグ Mark Gurman、Debby Wu)