「ローソン銀行」開業へ1300億円調達 18年度中に免許取得目指す

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 大手コンビニエンスストアのローソンは26日、2018年度中に銀行業免許の取得と開業を目指す「ローソン銀行」について、運転資金1300億円を協調融資により調達する方針を同日の取締役会で決めたと発表した。また、免許の予備審査を近く金融庁に申請する方針も決定。協調融資の主幹事は三菱東京UFJ銀行で、月内に契約を結ぶ。

 銀行業参入に向けローソンは、三菱東京UFJ銀も5%出資する子会社「ローソンバンク設立準備」を設立し、準備を進めてきた。金融庁の審査と協調融資は同子会社が受け、社名を近く「ローソン銀行」に変更する。参入が実現すれば、流通大手ではセブン&アイ・ホールディングス、イオンに次いで3社目となる。