【Luxeな日本 ~地元発】鎌倉の古民家で伝統文化を体験 宮本ゆみ子

築70年を超える古民家をリノベーションした「蕾の家」
築70年を超える古民家をリノベーションした「蕾の家」【拡大】

 鎌倉大仏で知られる高徳院や長谷寺、鎌倉文学館などに近い江ノ電・由比ケ浜駅から少し歩くと見えてくる築70年を超える一軒家。ワークショップやイベントなどを開いているコミュニティースペース「蕾(つぼみ)の家」だ。

 書道や茶道、陶磁器の破損を修復する金継など、伝統文化に触れる講座を開催し、古民家をリノベーションして2012年4月にオープンして以来、その数は100を超える。

 訪ねてみると、アンティークな調度品がそろい、縁側風のテラス越しに庭の木瓜や李(すもも)が見られ、鵯(ひよどり)のさえずりが聞こえる。大通りの喧騒(けんそう)が嘘のように、穏やかな空気が漂い、時の流れ方が違う。この日は筆ペンを使ってデザイン的にアレンジした毛筆の作品を描く「魔法の筆文字 伝筆(つてふで)」イベント用カードの体験講座。慣れぬ筆遣いに初めは苦戦するものの、講師の優しい手ほどきで、1時間もするとスラスラと描けるようになり、楽しい。伝筆のカードは外国人に人気があるそうだ。

 蕾の家創業メンバーの一人、運営会社・ヴィアジェスの池田さゆりさんは「鎌倉らしいことを体験できる企画を常に考えています」と語る。歴史と伝統の町で古き良きものを学びながら新しい価値に触れる。ますます鎌倉が好きになりそうだ。

                   ◇

 【luxe(リュクス)】 フランス語で元の意味は「贅沢」。最近は優雅で上品でありながら、洗練された贅沢なもの・ことなどの意味で使われる。

                   ◇

【プロフィル】宮本ゆみ子

 みやもと・ゆみこ 元FM石川アナウンサー、ラジオDJ。音楽・スポーツ・ビジネスなど幅広いジャンルのライターとしても活動中。

                   ◇

 局アナnetは日本最大級の局アナ経験者ネットワーク。運営するLocal Topics Japanでは全国各地の観光情報を日本語、英語と動画で紹介しています。コラム関連動画もご覧になれます。