トヨタ「アクア」一部改良 昼間に歩行者検知、自動ブレーキ搭載


【拡大】

 トヨタ自動車は3日、小型ハイブリッド車(HV)「アクア」を一部改良して発売した。自動車だけでなく昼間の歩行者も検知する自動ブレーキを搭載できるようにした。上級モデルの「クロスオーバー」「G」では標準装備としている。

 駐車場などでアクセルを誤って踏んでしまった際に自動ブレーキがかかる機能も新たに選べるようにした。トヨタ店とトヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店の全4系列で販売する。希望小売価格は178万5240円から。