NTTファイナンス、福島桜を品川シーズンテラスに贈呈


【拡大】

 NTTファイナンス(東京都港区)は4日、福島で育つ新種の桜「はるか」を東京・港南にある大型複合施設の品川シーズンテラスに贈る植樹式を開催した。坂井義清社長は「今回植樹した桜が大きく育ち、福島復興のシンボルになるとともに、憩いの場になることを願っている」とあいさつした。同社は、福島・東北の復興のシンボルとして「はるか」を日本に広めるプロジェクト「fukushimaさくらプロジェクト」に協賛しており、贈呈するのは大原美術館(岡山県倉敷市)、水前寺公園(熊本市中央区)に次いで3件目。「はるか」は同テラスのイベント広場に植えられた。