葛西に4月2日新装開店!1回平均8.3分・約4回の通院で痛みが取れる治療院働く腰痛女性の来院急増につき

尻江光一店長と中村光太郎CEO
尻江光一店長と中村光太郎CEO【拡大】

  • 新規来院者の年代別分布図
  • 来院1回当たりの平均施術時間
  • JITANBODY

 腰痛や肩こりに悩む30~40代の女性の来院数急増を受けて、働く女性が多く住む街・葛西に、4月2日、JITAN BODY葛西本店を新装開店しました(株式会社カラダスイッチ医学研究所、代表取締役:中村光太郎、江戸川区中葛西)。

  中村の施術は、1回平均8.3分、通院平均約4回で痛みから解放されることから、この数年来、千葉県柏の治療院では、30~40代の働く女性の新規来院者が急増中です。そこで、腰痛を早く解消したいという女性のニーズにさらに応えるため、ベッドタウンとして人口増加が著しい東西線葛西駅そばにJITAN BODY葛西本店を新装オープンしました。
店名の“JITAN”は、短い時間“時短”と、自分の健康を自ら担う“自担”、の意味を込めて命名しました。

 【背景】
厚生労働省の調査によれば、腰痛に悩む人は推定約2800万人で、40代から60代にかけてその割合が上昇傾向にあるとされています。
一方、当院における2017年度の新規来院者約300人について年代別の分布をみると、厚労省の調査より若い世代である30代および40代が多いという特徴がありました。また、いずれの年代も約9割が女性で、来院時の主な症状は腰痛が5割以上を占めています。

【なぜ30代・40代の女性が多いのか】
当院の施術料は1回12000円と、一般の治療院に比べて高額ですが、それでも30~40代の女性の新規利用が増加しています。これは、施術時間が平均8.3分、来院回数平均約4回で効果が得られるから。この年代の女性は、仕事や育児に追われており、体のメンテナンスにかける時間が短いことに価値を置いていることが見て取れます。また施術後に、日常行う簡単なセルフメンテナンス法を伝え、再発防止ができることも、高評価につながっていると考えられます。

 【JITAN BODYの施術法】
当院では、橋本敬三医師(189 7~1993)によって提唱された体のゆがみを取る「操体法」という手法をベースに、中村が扱った10,000件以上の症例をもとに改良した、施術時間が短く体への負担も少ない手法で施術を行っています。

 【JITAN BODY葛西本店】
店舗名::JITAN BODY葛西本店
休院日:水曜、日曜、祝日
営業時間:9:00~13:00、14:00~20:00
予約電話番号:03-6808-1244(完全予約制)
アクセス:東西線「葛西駅」徒歩10分 環状7号線沿い
所在地:江戸川区中葛西8-21-18 丸銀ビル1F
URL:http://seitai-katakori.blog.jp

 【中村光太郎 プロフィール】
介護福祉士および理学療法士としての勤務の中で、既存の施術法に限界を感じて操体法を学ぶ。独立後、多くの来院者を対象に実践的に操体法の改良を行う。その技術のプロへの伝授を目的に、セラピストスキルアップ実践会を立ち上げ、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、整体師など延べの参加者は8000名にのぼる。今年度からカラダスイッチJR葛西駅前店オープンを皮切りに、年度末までに3店舗を展開予定。プロ治療家向け教材DVD「操体進化論」監修。ケーブルテレビで冠番組「カラダスイッチ」を担当。プロバスケチーム山形ワイヴァンズなどの顧問ボディアドバイザーも務める。

 --------------------------------------------------------------------------------
【概要】
名称 :株式会社カラダスイッチ医学研究所
取締役社長 :中村光太郎
所在地 :〒134-0083東京都江戸川区中葛西8-21-18丸銀ビル1F