トヨタ、最上級クーペ特別仕様発売 「レクサス」国内累計販売50万台記念

トヨタ自動車が発売したレクサス「LC」の特別仕様車「ストラクチュラルブルー」
トヨタ自動車が発売したレクサス「LC」の特別仕様車「ストラクチュラルブルー」【拡大】

 トヨタ自動車は5日、高級車ブランド「レクサス」の国内累計販売50万台達成を記念し、最上級クーペ「LC」の特別仕様車「ストラクチュラル ブルー」を発売した。特殊な顔料を開発し、南米に生息する「モルフォチョウ」の羽をイメージした鮮やかな青を車体色に採用した。モルフォチョウは「世界一美しいチョウ」とも呼ばれる。

 内装は紺色基調と、紺色をベースに部分的にオレンジ色を使ったものの2種類から選べる。希望小売価格は排気量3500ccのハイブリッド車(HV)が1525万円、5000ccのガソリン車は1475万円。

 レクサスの国内販売は2005年に始まり、18年3月末に50万台に達した。

【試乗インプレ】刺激とおもてなしの共存 レクサスの新顔、最高峰クーペ「LC」(前編)

【試乗インプレ】海外も称賛する斬新デザイン ファンの熱い声で市販化したレクサス「LC」(後編)