3月中国新車販売、トヨタと日産最高 ホンダ、マツダは減少

 日系自動車大手4社の中国での3月の新車販売台数が5日までに、出そろった。日産自動車とトヨタ自動車が、3月としての過去最高を記録した。ホンダとマツダは減少した。

 日産は前年同月比2.4%増の12万2959台だった。小型セダン「シルフィ」などが売れた。今年に入っての販売は「絶好調だ」(幹部)とコメントしている。

 トヨタは5.4%増の11万8500台だった。主力の小型セダン「カローラ」などが好調だった。

 ホンダは13.0%減の9万7587台だった。前年同月に1万4000台以上売れたスポーツ用多目的車「CR-V」が、リコールを申請した影響で916台にとどまった。申請内容をめぐり当局と協議中のため、販売を見合わせているという。

 マツダは1.0%減の2万3406台だった。ただ1~3月の累計では、過去最高を記録した。(北京 共同)