英会話学習でロボホン活用 シャープとアルク 来月から実証実験

ロボホンを活用した英会話レッスンのイメージ(シャープ提供)
ロボホンを活用した英会話レッスンのイメージ(シャープ提供)【拡大】

 シャープと英語教材などを手掛けるアルク(東京)は、ロボット型携帯端末「ロボホン」の対話機能を活用した子供向けの英会話レッスンの実証実験を5月に始める。まずアルクが運営する東京都内2カ所の英語教室で、小学校低学年のクラスを対象に8月まで実施。効果を検証しながら2018年度中に教室数を拡大し、全国で本格導入したい考えだ。

 教室で使うロボホンはアルクの教材の内容を記憶しており、英語で話し掛けると英語で身ぶり手ぶりを交えて返答してくれる。ロボホンからも英語で質問してくるので、楽しみながら発音やリスニングの練習ができる。正しい発音で話し掛けないとロボホンが首をかしげて会話が止まるなどの工夫もあり、シャープの担当者は「子供たちが積極的に話し掛けるモチベーションになる」と期待する。

 将来的には自宅での英語学習プログラムへの導入も検討する。ロボホンはこれまで観光客向けガイドサービスや子供向けプログラミング学習などにも使われており、活躍の場が広がっている。