「複合現実ゴーグル」船員の訓練にMSが提供

レストランシップ「ヴァンテアン」で披露されたホロレンズを使ったデモ=6日、東京湾
レストランシップ「ヴァンテアン」で披露されたホロレンズを使ったデモ=6日、東京湾【拡大】

 日本マイクロソフトは6日、ゴーグル型端末「ホロレンズ」の複合現実(MR)技術を使ったサービス開発で、船舶用設備など海洋事業を手がけるJRCS(山口県下関市)と協業すると発表した。平成31年3月をめどにホロレンズを用いた船員向けの遠隔トレーニングサービスの提供を始める。両社はホロレンズを使った船舶のメンテナンスや、無人での自動航行についても研究開発を進める。