自動車保険好調、3社増収 損保大手18年3月期営業成績

 損害保険大手4社が5日発表した2018年3月期の営業成績速報によると、売上高に当たる収入保険料は3社が前期比で増収となった。主力の自動車保険が好調だったほか、サイバー攻撃など新たなリスクに備える保険の販売も貢献した。

 東京海上日動火災保険の収入保険料は、自動車保険の契約数が増加し、1.0%増の2兆3492億円と過去最高を更新した。

 損保ジャパン日本興亜は、火災保険の販売も伸びたことで、1.0%増の2兆3361億円となった。

 三井住友海上火災保険は、中小企業向けにサイバー攻撃の被害を補償する保険が好調で、1.4%増の1兆6032億円だった。

 あいおいニッセイ同和損害保険は唯一の減収だった。自動車保険の新商品の販売で他社に出遅れたことが響き、0.2%減の1兆2372億円となった。