【仮想通貨流出】業界「転換期」、大手参入で信頼回復なるか (1/2ページ)

街角で広告を見かけることも増えた仮想通貨。定着するか、衰退へ転じるかは未知数だ=東京・渋谷(AP)
街角で広告を見かけることも増えた仮想通貨。定着するか、衰退へ転じるかは未知数だ=東京・渋谷(AP)【拡大】

 コインチェックの再建は多難も予想されるが、インターネット証券という新たな業界を牽引(けんいん)してきたマネックスグループの手腕には期待も寄せられている。業界全体の信頼を取り戻すことにつながる可能性があるからだ。今年に入ってから価格の下落傾向が続く仮想通貨だが、このまま一時のブームとして終焉(しゅうえん)していくのか、生活に根ざしたものへと発展を遂げることができるのかは専門家でも意見が分かれており、業界は大きな転換期を迎えている。

 「大手の参入でセキュリティーや法令順守の面で業界水準が高まるとことを期待したい」。大和総研の矢作大祐研究員は今回の買収の動きを業界が信頼を取り戻す好機と歓迎する。

 仮想通貨交換業には、インターネット通販などを行うヤフーや無料通信アプリを提供するLINE(ライン)なども参入を表明している。こうした企業が価格変動を抑えた通貨を発行することも考えられ、矢作氏は「仮想通貨が投資だけでなく決済手段になる可能性も高まる」と話す。

続きを読む