IoTで遠隔監視、実証実験に着手 レオパレス21とKDDI

 レオパレス21は、KDDIグループでシステム開発のアイレット(東京都港区)、センサーの製造販売を行うオプテックス(大津市)と共同で、IoT(モノのインターネット)を活用した賃貸アパートの駐車場とごみ置き場の遠隔監視に関する実証実験に着手した。

 埼玉県川口市の管理物件で4月下旬まで実施する。具体的にはセンサーで駐車の有無を検知して不正駐車を遠隔監視、検知時には管理者へメールで通知する。ごみ置き場については扉に設置された開閉センサーを通じ、指定時間外に開閉があった場合は管理者に自動で通知、既存のネットワークカメラで現場の状況を確認できる。

 監視状況はクラウド上で管理されるため、パソコンやスマートホンなどでいつでも確認することが可能。業務効率化につなげる。