TILOG-LOGISTIX 2018セミナーと発表会を開催

パネルディスカッションの様子
パネルディスカッションの様子【拡大】

  • TILOG-LOGISTIX 2018

 タイ国政府商務省国際貿易振興局とリード・トラデックス社は、本日、来る2018年8月29日~31日にタイ・バンコクのBITECで開催される「TILOG-LOGISTIX 2018( https://www.tilog-logistix.com )」に関するセミナーと発表会を日本アセアンセンター(東京都港区)で開催しました。「タイ国東部経済回廊:日本企業がASEANにアクセスするための新しいロジスティクスの展望」と題した同セミナーでは、日タイ貿易と物流を促進するために、タイ国政府が日本企業に提供する施策や戦略が発表されました。

 セミナーの冒頭、タイ国大使館商務参事官事務所の商務公使、ナッティヤー・スチンダー氏が挨拶を行いました。スチンダー氏は、タイ国政府商務省国際貿易振興局が、タイと世界各国との取引を円滑に進めていることを強調しました。日本は、2016年の対タイ投資総額の22%を占める最大の投資国であると同時に、二番目に大きな貿易相手国でもあります。2017年の二国間貿易総額は540億ドル(約5.7兆円)に達し、前年から9.7%の増加となりました。スチンダー氏は、日本は農産物や消費財の世界への輸出額を2019年までに1兆円にまで拡大するとも述べました。
また、タイ国政府は、日タイ間の経済的結びつきを強化する政策を策定するとともに、展示会が日本企業のための効果的なプラットフォームの1つであることを認識し、両国の政府と民間が協業するためのビジネスチャンスの創出に邁進していくとも話しました。

 次の基調講演では、タイ国商工会議所のディレクター、ウォラタット・タンティモンコン氏が、タイは主要な道路と鉄道を整備し、世界各国と連携として地域経済を加速していくと述べました。近年、タイ国政府は、同国をASEANにおける経済、貿易、投資、技術、物流、輸送の中心地に転換することを目指しています。この目標を達成するために、タイ国政府は、同国を「ASEANへの物流プラットフォーム」と位置付けたプロジェクト「タイの東部経済回廊(EEC)」を進めています。EECは、地域間連携を加速するインフラを構築すると同時に、自動車、ロボット、航空、石油化学、電子機器などの主要産業の製造拠点としての役割を果たすことを目指しており、経済特区を中心とした多国間貿易を促進するためのプロジェクトです。
タンティモンコン氏は、レムチャバン港やウタパオ国際空港の整備、製造拠点、冷蔵・冷凍施設、そして電子商取引システムの充実に加え、クロスボーダー貿易やナショナル・シングル・ウインドウなどのインフラストラクチャーや新しい物流サービスの開発により、EECは日本企業のビジネス機会や物流を創出すると同時にコストと時間を削減し、多国間貿易を促進すると語りました。

 セミナーの最後には、日本とタイのロジスティクス専門家によるパネルディスカッションが行われ、貿易ロジスティクスの現状と相互協力の重要性について意見が交わされました。

 一般社団法人航空貨物運送協会(JAFA)の副会長、岡藤 正策氏は、タイはASEAN諸国における日本最大の貿易相手国であり、同国はASEANの中心に位置していると指摘しました。近年、両国間の航空貨物輸送量は、タイにおける自動車メーカーを含む日本企業の製造拠点の増加や国境を越えた電子商取引の普及により、大幅に増加しています。日本企業はタイとの貿易投資を積極的に拡大していますが、これは同時にASEAN諸国との多国間貿易へと発展する大きな可能性があります。そして、両国の物流産業が様々な面で協力すれば、それは産業の発展と日本企業の大きな利益に貢献すると岡藤氏は述べています。

 続いて、タイ航空貨物輸送協会(TAFA)の会長、チャイヨン・テイヌティチャイ氏が、同国の空港や港湾が世界各国とのネットワークを構築したことに伴い、航空貨物輸送量が2017年に過去最高の144万トンに達したと述べました。同氏はまた、EECが地域をマルチモーダル輸送システムと結びつけると同時に、柔軟なルーティングとスケジュール、そしてコストと時間の削減を実現する新しい「ASEANへの物流プラットフォーム」になるとも述べました。CLMVTは、化粧品、ウェルネス(健康)、電子機器、自動車部品、コールドチェーン、農業物流など、多くの分野で消費が伸びている新興市場です。日タイ間のロジスティクス連携を発展させることは、日タイ間だけでなく、他のASEAN諸国との貿易の促進にもつながります。
TILOG-LOGISTIXが提供するCLMVT各国のロジスティクス・ネットワークとのビジネスマッチングは、日本の企業がビジネスパートナーを増やし、タイやCLMV諸国における信頼できるロジスティクスを確実に構築するための支援を行います。

 リード・トラデックス社のデピュティー・マネージング・ディレクター、スティサック・ウィラナンは、TILOG-LOGISTIXでは「CLMVT Sourcing Partners」も同時テーマとして設定され、25カ国、415の有名企業によるソリューションとサービスが展示されることを紹介しました。また同展示会が、ASEAN全域における様々な物流分野で、調達パートナーの発掘等の国際的ネットワーキングの中心となることも強調しました。ウィラナンはまた、特に技術面におけるASEAN諸国での貿易投資や競争力強化のための事業拡大、ロジスティクス・マネジメントに関するアイデア交換など、TILOG-LOGISTIXが日本の企業に対して提供する貿易物流シンポジウムや世界交通物流フォーラム(WTLF)などの国際セミナーについても紹介しました。
さらに、リード・トラデックス社がビジネス・マッチングとソーシング・パートナー・サービスを提供しており、興味のあるバイヤーとの調整を通して、日本の物流業者や企業が将来的な相互利益機会を獲得する重要な展示会になるとも述べています。

 【TILOG-LOGISTIX 2018への参加についてのお問い合わせ・お申し込み】
◆タイトレードセンター東京
Email: thaitctokyo@thaitrade.jp
Tel : 03-3221-9482
◆リード・トラデックス社
Email: delegation@reedtradex.co.th