購入予算150万~200万円の新車ベストバイ5車種 2018年版 (1/3ページ)

 カーシェアリングやコインパーキングを展開しているパーク24株式会社が会員向けに行ったアンケートの結果、クルマの購入予算は150万以上200万円以下が17.2%(n=8450人)で最多価格帯となりました。そこで、予算150万~200万円で狙えるオススメの新車5車種を紹介しましょう。

 ■トヨタ・アクア

 2011年12月の販売開始以来、販売台数No.1を続けたベストセラーカーがトヨタ・アクアです。空力特性の優れた5ナンバーサイズの5ドアハッチバックのボディに1.5Lガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載しています。

 登場から6年が経過しているアクアはマイナーチェンジを何回も行い商品力を向上させています。直近で行ったマイナーチェンジは2017年6月。この時は内外装の変更に加えて、ボディ剛性の強化。そしてエンジン、ハイブリッド制御の見直しを行い、JC08モード燃費は38.0km/Lまで延びています。

 また、3ナンバー登録となる新グレード「クロスオーバー」を設定し、SUVらしいしっかりとした操舵感と乗り心地を両立させています。アクアの車両本体価格は178万5240円~208万9800円です。

 ■ホンダ・フィット

 国産コンパクトカーでアクアと人気を二分するモデルがホンダフィットです。ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを採用し、広い室内空間と多彩なシートアレンジが行えるのが特徴です。

 3代目にあたる現行型フィットは2013年9月に登場し、2017年6月に大幅なマイナーチェンジを行いました。外観は前後バンパーデザインを変更し、低重心でワイドとなりスポーティさを強調しています。インテリアは上質感にこだわった仕様を設定下の二季淡得て、スマホとの連携を強化しています。

 ボディ剛性の強化やダンパーの減衰特性の最適化により上質な乗り心地を実現。さらに遮音機能付きフロントガラスの採用で静粛性を高めました。搭載する3種類のパワートレインは全てきめ細かいチューニングを実施し、ハイブリッドモデルはJC08モード燃費で37.2km/Lという優れた燃費性能を実現しました。

 全8機能をもつ先進の運転支援システム「ホンダセンシング」を多くのグレードに標準装備したフィットの車両本体価格は142万8840円~236万7360円となっています。

続きを読む

clicccar クリッカー