若年層5割超、車の購入「意向なし」 堅実消費浮き彫り、レンタルやシェアに関心 (1/2ページ)

トヨタ自動車の展示ショールーム「MEGAWEB(メガウェブ)」=東京都内(ブルームバーグ)
トヨタ自動車の展示ショールーム「MEGAWEB(メガウェブ)」=東京都内(ブルームバーグ)【拡大】

 日本自動車工業会(自工会)が9日発表した2017年度の乗用車市場動向調査によると、車を保有していない10~20代の社会人のうち「購入したくない」との回答が前回調査に続いて5割超に上った。利用手段としてはレンタカーやカーシェアリングへの関心が高く、車の維持費などに負担を感じて「所有」にこだわらない若者が増えている傾向が改めて浮き彫りになった。

 自工会は車に対する若年層の意識を探るため、10~20代の社会人(大学生も含む)を対象にウェブサイトで調査を昨年実施。回答した1000人のうち800人が車を保有していなかった。この非保有者に購入する意向があるか尋ねると、「買いたくない」が29%。「あまり買いたくない」(25%)と合わせると54%に達し、15年度の前回調査(59%)に続いて50%を上回った。

 買いたくない理由を複数回答で聞くと、「買わなくても生活できる」が最も多く33%。これに「駐車場代など今まで以上にお金がかかる」(27%)、「お金は車以外に使いたい」(25%)が続き、堅実な消費志向が読み取れた。

 ただ、車の使用価値は認識しており、非保有者の4割強が「関心がある」と回答。非保有者のうち購入意向がある366人の車の利用方法については、レンタカーが71%で最多となった。複数の人が同じ車両を共同利用するカーシェアへの関心も高く、51%を占めた。

続きを読む