生産現場にロボスーツ導入、作業負担軽減 大和ハウス

 大和ハウス工業は10日、全国9カ所の工場でロボットスーツの導入を始めたと発表した。生産現場で重量のある建材などを扱う従業員の負担軽減を図る。作業時の省力化を進めることで、建設業界で進む高齢化や人手不足への対応を強化する狙いもある。

 スーツは「サイバーダイン」(茨城県つくば市)が開発した「HAL(ハル)」を採用した。腰に装着するタイプで重量は約3キロ。脳から筋肉に伝わる電気信号をセンサーで感知し、モーターを駆動して体の動きをサポートする。床から建材を持ち上げる際などに腰への負担を最大で4割程度軽減できるという。

 奈良工場(奈良市)や竜ケ崎工場(茨城県龍ケ崎市)をはじめ、鉄骨など住宅用建材を生産している各地の拠点に計30台を配備する。

 大和ハウスはスーツの使用効果の検証を進め、今後はマンションなどの建設現場への導入も検討する。