楽天認定「便利な形、手頃な価格で」

野田聖子総務相(左から3人目)から第4世代移動通信方式向け電波割り当ての認定書を交付された携帯電話会社社長ら。一番左は新規参入となる楽天の三木谷浩史会長兼社長=9日、東京都千代田区
野田聖子総務相(左から3人目)から第4世代移動通信方式向け電波割り当ての認定書を交付された携帯電話会社社長ら。一番左は新規参入となる楽天の三木谷浩史会長兼社長=9日、東京都千代田区【拡大】

 総務省は9日、第4世代(4G)移動通信向け電波の認定書交付式を開き、携帯電話事業へ新規参入となる楽天のほか、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの計4社を正式に認定した。

 野田聖子総務相から認定書を受け取った後、取材に応じた楽天の三木谷浩史会長兼社長は「しっかりとしたサービスをできるだけ便利な形でリーズナブル(手頃)な価格で提供できるように精一杯がんばる」と決意を示した。

 楽天は、既存の自社のサービスと連携させて格安スマートフォン並みの料金で、2019年10月から携帯電話サービスを開始する方針を表明している。三木谷氏は「価格も踏まえた総合的なサービスを(開始までの)1年半でしっかりと作り上げたい」と述べた。