携帯大手3社が共通アプリ 電話番号で長文や写真、動画やりとり

携帯電話大手3社が5月から始める「+(プラス)メッセージ」=10日、東京都港区
携帯電話大手3社が5月から始める「+(プラス)メッセージ」=10日、東京都港区【拡大】

 NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクは10日、3社の顧客間で電話番号さえわかれば、長文や写真、動画をやりとりできる共通の新アプリ「+(プラス)メッセージ」を5月9日から提供すると発表した。無料通信アプリのLINE(ライン)に対抗するため、従来のショートメッセージサービス(SMS)の機能を進化させた。

 新サービスは、チャット形式で文字なら最大全角2730文字、写真や動画、スタンプなどの送受信ができるほか、複数人で同時にメッセージをやりとりすることもできる。

 専用アプリをスマートフォンやタブレット端末にダウンロードするだけで、IDやパスワードなしで利用できる。送受信にはパケット通信料がかかる。従来型携帯電話は対応していないため、従来のSMSの機能もそのまま残す。

 今後は格安スマートフォンを手がける仮想移動体通信事業者(MVNO)へのサービス提供も要望があれば対応していくという。

 また、個人間利用だけでなく、将来的には飲食店から予約確認メッセージを送ったり、企業の各種申し込み手続きや問い合わせなどにも利用範囲を拡大したい考えだ。