ソニー、イヤホン型端末の後継機発売 耳塞がず音楽も周囲の音も聞こえる

ソニーが発売する「エクスペリア・イヤー・デュオ」=11日、東京都港区
ソニーが発売する「エクスペリア・イヤー・デュオ」=11日、東京都港区【拡大】

 ソニーは11日、完全ケーブルレスのイヤホン型端末「Xperia Ear Duo(エクスペリア・イヤー・デュオ)」を21日に発売すると発表した。スマートフォンと無線接続させた上で耳に装着して使い、本体タッチや音声などでメッセージの送受信、音楽再生などができる。

 「エクスペリア・イヤー」の後継機で、耳を完全に塞がない「デュアルリスニング」機能により、音楽を聴きながら会話ができたり公共施設のアナウンスも聞こえるのが特長。

 「スマートアシスタント」と呼ぶ機能では、無料対話アプリ「ライン」を使う場合、本体を耳に装着した状態で話すと、その言葉が文字として相手側に送信される。返信も読み上げられ、スマホを取り出して画面から指で文字入力したりする手間が省ける。

 曲の選択や着信への対応では、音声に加えて「ヘッドジェスチャー」と呼ぶ首を振る動作でもできる。

 このほか、本体を装着した5人がトランシーバーのように意思疎通できる「エニータイムトーク」機能も搭載した。日本航空は機内での客室乗務員間のコミュニケーション円滑化に向けて、この機能を使った実証実験を今月下旬から数カ月実施する。

 ソニーストアでの販売価格は2万9880円(税別)。