安川電機 平成30年2月期連結 売上高・利益とも過去最高

 産業用ロボット大手、安川電機が12日に発表した平成30年2月期連結決算は、売上高が前期比17・6%増の4485億円、営業利益が87・9%増の541億円、最終利益が前期の約2・0倍の397億円で、ともに過去最高を更新した。いずれも増加は2年ぶり。

 自動車や半導体関連を中心に世界的な自動化・省力化を目的とした設備投資需要が堅調で、モーターやロボットの受注が伸びた。

 同社はそれまでの3月から2月に決算期を変更した。31年2月期は、「景気が良い限り、企業による自動化への投資は続く」(村上周二専務執行役員)として、売上高は9・8%増の5100億円、営業利益は14・7%増の655億円、最終利益は19・8%増の500億円を見込む。